個人事業主向けのビジネスローンを利用する人が増えている理由 | 運転資金 借入 個人事業主


比較的資金調達に不利な個人事業主の
資金繰りはどうする?
個人事業主が運転資金を借入するならどうすればいい?
そのポイントを徹底解説!

個人事業主向けのビジネスローンを利用する人が増えている理由

個人事業主は法人などに比べると社会的な信用において相対的に低いと言わざるを得ません。利率での有利を考えると銀行融資や公的融資を利用して資金調達を考えたいところですが、その審査のハードルを超えるのは思いのほか厳しいため、断念する個人事業主の方は多いのが現状です。

また、昨今景気が回復傾向とはいえ、銀行系の金融機関は不良債権を抱えるのは極力避けようとしている傾向が強く、資金繰りに問題を抱える企業には、現在取引があるところでも打ち切られる傾向が強く、逆に信用面があるトコロには貸し出すという傾向を強めています。

そのため、経営が好調な企業は資金繰りはより安定的に進められるが、逆に不安定な企業にとっては銀行系からの資金調達が厳しいといった状況が強まっています。

逆にビジネスローンはかつてに比べ、高かった利率が徐々に低くなり最近ではかなり良心的な利率のビジネスローンが増えていて、個人事業主向けのビジネスローンといったサービスが出来てきたことで利用者を増やしています。

個人事業主向けビジネスローンとうたっているだけあって、個人事業主に対してのハードルというものはそもそも考える必要がなく、審査の負担も通常の融資よりも軽くなっています。

特に事業資金の審査のために用意しなければならない、試算表や、担保、保証人といったとても困難な条件も免除されるサービスは利用のハードルが低く人気です。資金が必要な際には日数を待てない状況の場合も多いですが、そういった面でも審査から融資までのスピードが早いサービスもビジネスローンには多いため、資金調達面で重宝する個人事業主が増えているのも容易に理解出来ます。

融資と審査
個人事業主向けの融資
個人事業主向けのビジネスローンを利用する人が増えている理由 イメージ
New!
個人事業主向けのビジネスローンを
利用する人が増えているいます
それはこんな理由から…

公的融資でも代表者以外の保証人が必要になる場合がある イメージ
PicKup
公的融資でも代表者以外の
保証人が必要になる場合
があるって聞いたけど本当?

個人事業主が運転資金を借りれるケース・借りれないケース イメージ
Point
個人事業主が運転資金を
借りれるケース・借りれないケース
その違いはどんなわけ?