事業者ローンの借入申し込みから融資実行までの流れ | 運転資金 借入 個人事業主


比較的資金調達に不利な個人事業主の
資金繰りはどうする?
個人事業主が運転資金を借入するならどうすればいい?
そのポイントを徹底解説!

事業者ローンの借入申し込みから融資実行までの流れ

個人事業主の資金繰りにおいては、銀行や公的融資などは審査から融資までの期間が比較的長く、すぐに状況がかわっていく個人事業の資金繰りにおいてはスピードが求められることも多いため、柔軟かつスピーディーに対応してくれる金融機関が重宝されます。

個人事業主にとっては、事業者ローンなどは個人事業主を主な対象に設定されているものも多く、審査から融資実行までの期間もそれほど長くなく、素早く融資を受けられるメリットなども重視され、とても利用者を増やしています。

事業者ローンで審査を受けてから融資まではどのような流れで行われるのでしょうか?まずは各事業者ローンの定める書類を揃えて審査用に堤出するのですが、一般に商業登記簿謄本、納税証明書、決算書、資金の使途がわかる確認資料(見積書など)が一般的に求められているようです。

申し込みを行い、その事業者ローンの担当者と面談を行い、事業内容や今後の計画の確認などが行われ、堤出した書類と合わせて融資の対象にふさわしいか審査されます。

これがノンバンク系でない場合はインターネットからの申し込みだけで済むサービスが多いため、さらにスピーディーに融資が実行されます。審査に通過した後、郵送などのやりとりで済ませる事ができるため、主な営業の活動時間をあまり割く必要が無いというのは、人材が限られる個人事業主にとっては非常に大きいです。

銀行系にくらべノンバンク系は利率がやや高い場合が多いのですが、その分審査から融資までの早さが大きなメリットとなっています。

営業時間を事務手続きに割いて利率をとるか?それともやや高めの利率でも主な営業活動に力を注ぐか?それらを評価して、より有利とおもう方を選択して下さい。

融資と審査
個人事業主向けの融資
個人事業主向けのビジネスローンを利用する人が増えている理由 イメージ
New!
個人事業主向けのビジネスローンを
利用する人が増えているいます
それはこんな理由から…

公的融資でも代表者以外の保証人が必要になる場合がある イメージ
PicKup
公的融資でも代表者以外の
保証人が必要になる場合
があるって聞いたけど本当?

個人事業主が運転資金を借りれるケース・借りれないケース イメージ
Point
個人事業主が運転資金を
借りれるケース・借りれないケース
その違いはどんなわけ?