好きな時に借入・返済が出来るので事業者ローンのメリットは大きい | 運転資金 借入 個人事業主


比較的資金調達に不利な個人事業主の
資金繰りはどうする?
個人事業主が運転資金を借入するならどうすればいい?
そのポイントを徹底解説!

好きな時に借入・返済が出来るので事業者ローンのメリットは大きい

個人事業主にとっては資金繰りは非常に難問で、銀行系の融資はかなりの手間をかけた上で実現するものですが、運良く実現したとしても追加の融資などはさらに非常に困難になっています。審査から融資実行までも相当の期間を要するため、好きなときにいつでも融資を受けられるという状況にはありません。

でもそれでは個人事業主の場合、資金繰りの状況の変化に対応していくのはどのようにすれば良いのでしょうか?

現在の個人事業者に素早く柔軟に対応してくれる資金調達の選択肢として、事業者ローンがとても有力になっています。

事業者ローンで特にノンバンク系のサービスになるとインターネットからの申し込みだけで審査から融資までが終わってしまう事もでき、審査の手続きも時間もかなり短縮できるのがとても有効です。

もちろん事業者ローンも事業開始からの経過年数や、債務超過でないこと、税の滞納などがないことなどの条件を満たしていないと利用出来ないという程度の足かせはあります。

この条件を満たしており、一定の必要書類を揃えて審査を通りさえすれば、かなり柔軟に好きなときに借入・返済が可能になっています。

個人事業主の営業は非常に素早く状況が変化し、資金繰りにおいても急に予定外の支払いが必要になる場合がありますが、審査に時間がかかっていてはとても間に合わない状況は多いです。銀行系の融資だけではとても対応しきれないのではないでしょうか?

事業者ローンを資金調達としておけば、様々な変化にも対応しやすくなり、今後の資金繰りや経営も円滑に行うことが可能になるでしょう。

融資と審査
個人事業主向けの融資
個人事業主向けのビジネスローンを利用する人が増えている理由 イメージ
New!
個人事業主向けのビジネスローンを
利用する人が増えているいます
それはこんな理由から…

公的融資でも代表者以外の保証人が必要になる場合がある イメージ
PicKup
公的融資でも代表者以外の
保証人が必要になる場合
があるって聞いたけど本当?

個人事業主が運転資金を借りれるケース・借りれないケース イメージ
Point
個人事業主が運転資金を
借りれるケース・借りれないケース
その違いはどんなわけ?