資金繰りを考えていない個人事業主は事業に失敗する | 運転資金 借入 個人事業主


比較的資金調達に不利な個人事業主の
資金繰りはどうする?
個人事業主が運転資金を借入するならどうすればいい?
そのポイントを徹底解説!

資金繰りを考えていない個人事業主は事業に失敗する

事業の経営には黒字であっても倒産してしまう場合があります。勘定合って銭足らずということわざはこういったことを指します。これはどうして起こってしまうのでしょうか?

企業は収益を生み出し、その経費を支払い差が黒字として残り、その黒字分を再投資してまた新たな収益を生み出していくこのプロセスを繰り返して、企業に財産を残しつつ存続していきます。

収益と費用を差し引いたものが利益として、企業の成績として評価されます。しかし、収益は直ぐには現金として回収されないものもあり、売掛金や約束手形などとして将来入金されるものになるので、タイムラグが発生します。

それに対し、費用のほうも約束手形などで支払うことも出来ますが、これもタイムラグがあるため、支払いの期日を把握していなければいけません。

これらのタイムラグや収入と支出との期日と金額ををしっかりと把握し、不足分は資金調達をする必要があります。約束手形の期日に支払いが行われないことを不渡りといい、不渡りを2度出してしまうと倒産という扱いになります。これは自分が不渡りでも問題ですが、収益をあげて入金を待っていた約束手形が不渡りとなって、見込んでいたはずの収入が入金されないといった事態も起こりえるのです。

そのため、そういった事態にも備えなければならないため、企業はある程度余裕をもった資金繰りが必要となるのです。そのため、企業は黒字だといって油断できず、こういった資金繰りも非常に重要だというのがご理解頂けましたでしょうか?

そのため、資金繰りをしっかりと考えていない事業主は事業に失敗してしまうと事も理解して頂けたと思います。

融資と審査
個人事業主向けの融資
個人事業主向けのビジネスローンを利用する人が増えている理由 イメージ
New!
個人事業主向けのビジネスローンを
利用する人が増えているいます
それはこんな理由から…

公的融資でも代表者以外の保証人が必要になる場合がある イメージ
PicKup
公的融資でも代表者以外の
保証人が必要になる場合
があるって聞いたけど本当?

個人事業主が運転資金を借りれるケース・借りれないケース イメージ
Point
個人事業主が運転資金を
借りれるケース・借りれないケース
その違いはどんなわけ?