ビジネスローンの借入をする際に必要な書類 | 運転資金 借入 個人事業主


比較的資金調達に不利な個人事業主の
資金繰りはどうする?
個人事業主が運転資金を借入するならどうすればいい?
そのポイントを徹底解説!

ビジネスローンの借入をする際に必要な書類

ビジネスローンは通常の銀行系の融資に比べると審査のスピードや堤出書類が少なくてすみ、その時間的・事務的な負担が軽いのは、やや高い利率と引き換えのメリットになっています。

ビジネスローンを申し込むには、税金の未納や、事業を開始してから基準の期間を過ごしていないなどの条件を満たしていないと審査に通りません。また事業主の信用実績なども直接評価の対象になることもちゅういしておかなければいけません。

ビジネスローンには審査の際にそれぞれに定める書類を堤出する必要があります。一般の融資に必要になる事業計画書や返済計画書などは堤出を求められません。通常に必要になる書類は融資書類としては非常に簡潔になっていて、主に商業登記簿謄本・納税証明書・印鑑証明書・住民票・決算書、資金の使途がわかる確認資料などです。

これらの中で、審査で最も重要な書類は決算書になっており、その経営成績・財政状態などが良好でない場合には審査に通らない場合があります。このことは強く念頭において審査に望んで下さい。

そして審査においては、ノンバンク系ではインターネットからの申し込みのみで手続きがお得られるサービスが多く、とてもスピーディーにプロセスが進みます。ただ、審査の必要書類がしっかり揃っていても、インターネット上の単純な入力ミスで審査に通らなくなってしまう場合もありますので、インターネットから申し込む際には入寮したものをしっかり確認したうえで送信ボタンを押すようにして下さい。

せっかくしっかり揃えた書類がもったいないですから。

融資と審査
個人事業主向けの融資
個人事業主向けのビジネスローンを利用する人が増えている理由 イメージ
New!
個人事業主向けのビジネスローンを
利用する人が増えているいます
それはこんな理由から…

公的融資でも代表者以外の保証人が必要になる場合がある イメージ
PicKup
公的融資でも代表者以外の
保証人が必要になる場合
があるって聞いたけど本当?

個人事業主が運転資金を借りれるケース・借りれないケース イメージ
Point
個人事業主が運転資金を
借りれるケース・借りれないケース
その違いはどんなわけ?