個人事業主の借入審査は代表者の信用情報が大きく影響する | 運転資金 借入 個人事業主


比較的資金調達に不利な個人事業主の
資金繰りはどうする?
個人事業主が運転資金を借入するならどうすればいい?
そのポイントを徹底解説!

個人事業主の借入審査は代表者の信用情報が大きく影響する

法人はその代表者と法人組織は法律上で別人格として扱われるので、融資の際も直接的には個人の信用情報が影響されません。法人の保証人となった時に影響するといった感じです。しかし、自営業の場合は個人事業主はそのまま事業と同一人格として法律上で扱われますので、その融資が個人的なものであるのか、事業のものであるのかにかかわらず、直接信用情報が影響されます。

そのため、融資を受ける場合の審査において、過去に個人として借りた融資の信用情報は審査の直接的な対象になり、評価されます。個人の借入の返済実績が期日に遅れること無く着実に返済していた場合には審査において有利に働きますし、延滞があったり最悪ブラックリストになっていたといった情報は逆に大きく不利に働いてしまいます。

そのため過去に自分の個人の融資の返済実績がどうであったかによって、選ぶべき事業者ローンもその難易度が変わってきてしまうため、変わってくるという事になります。

過去の返済実績が良好な個人事業主である場合には、審査が比較的厳しいほうの事業者ローンもその分選べるという状況になります。逆に返済が滞ったり、ブラックリストに乗ってしまっている場合には審査を通るのが非常に難しかったり、審査の最も緩いような事業者ローンの審査を受けるなど、選択肢が狭まってしまいます。

こういった理由から、事業を起こされるような方は普段からキャッシングなどでは極力返済期日をしっかり守って利用されなくては、事業を開始ししてからの資金繰りに苦しんでしまう事になりかねないのです。

融資と審査
個人事業主向けの融資
サイドボックス01イメージ
New!
テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

サイドボックス02イメージ
PicKup
テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

サイドボックス03イメージ
Point
テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。