個人事業主が運転資金を借りれるケース・借りれないケース | 運転資金 借入 個人事業主


比較的資金調達に不利な個人事業主の
資金繰りはどうする?
個人事業主が運転資金を借入するならどうすればいい?
そのポイントを徹底解説!

個人事業主が運転資金を借りれるケース・借りれないケース

個人事業主は法人に比べての社会的信用性は劣りますから、資金調達の面ではいろいろと不利になります。資金調達ができる場合と出来ない場合はしっかりと認識しておいたほうが良いでしょう。

個人事業者は運転資金を借りる場合、銀行系や公的融資は非常にハードルが高いため、経営実績を積み、利益体質で財政状態も良好な状況でない限り、かなり難しいと考えてよいでしょう。

可能だとしても、審査には多くの書類を用意せねばならず時間がかかると考えて間違いありません。

現在の状況では運転資金を融資しやすいのはノンバンク系の事業者ローンなどがとても有力になっています。利率も昔に比べ低く設定されていて、インターネットからの申し込みだけで済むサービスも多く、スピーディーな資金繰りにも対応できます。

個人事業主を最初から対象に設定されている事業者ローンもあるため、ハードルも低い状況です。しかし、そのような個人事業主にとって非常に借りやすいと言われている事業者ローンでも、借り入れできないケースがあります。

それは、経営実績が一定の期間に満たない場合(2年が普通)、税金などを滞納している場合、過去に個人でキャッシングをした際に延滞などを繰りかえしてブラックリストに載ってしまっている場合などは、融資を受ける事が難しいでしょう。

また、法人に比べて信用が少ないことで、融資の限度額は低い場合が多いです。そのため、調達したい金額に対して、十分な金額を借りられないというけースもありえますので、その辺りは考えておいたほうがよいでしょう。

融資と審査
個人事業主向けの融資
個人事業主向けのビジネスローンを利用する人が増えている理由 イメージ
New!
個人事業主向けのビジネスローンを
利用する人が増えているいます
それはこんな理由から…

公的融資でも代表者以外の保証人が必要になる場合がある イメージ
PicKup
公的融資でも代表者以外の
保証人が必要になる場合
があるって聞いたけど本当?

個人事業主が運転資金を借りれるケース・借りれないケース イメージ
Point
個人事業主が運転資金を
借りれるケース・借りれないケース
その違いはどんなわけ?